スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「オオババと芭蕉布」。
やさしい文章で引き込まれていっきに読んでしまいました。
スッと物語を本で読むようでした。

オオババと後を追うパンツ一丁の男の人(笑)、
熱い空気と坂道。光景が目の前に広がるようでした。
「神様に付いて行くもんじゃなかろう」というくだりは、
とても印象的でした。

信仰と生活が密にある暮らし。
とても大切だと思います。
神様であれ、自然であれ、何かを敬う気持ちが
暮らしの中にあること、大事だな・・・と。
なにも無いところから、1つ1つ暮らしをつくる、
手間と時間と思いをかけて、
力のとどかない所は神様にお願いする。
私が生まれ育った田舎の家にも
そういう感じが残っていました。
(今住んでいるところより、もう少し山奥の田舎でした)
祖父母が暮らしのいろんなところで、それを教えてくれました。

残念ながら自分でそれを実践するほど身についてはおらず、
聞こうにも祖父母は他界してしまいましたが、
そんな暮らしを感じさせてもらえたことにとても感謝しています。

昭和47年生まれの私が、祖父母の家で暮らしたのは
58年までの11年間。
年代的にも重なって、
懐かしく温かい気持ちで読ませていただきました。
見たことも行ったことも無い南の島と
岐阜の山奥を重ねてしまうのですから、
勝手なものですが・・・。

さこうゆうこ
日々ガラス製作所

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。