スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光の本、とても興味深く読ませていただきました。
工芸に光を当てた文章、書籍では数あれどwebという
媒体ではあまりなかったのではないでしょうか。
けれども、web媒体でありながら活版で印刷された
文字を読んでいるような不思議な感覚で
拝読いたしました。
これからの連載、とても楽しみにしています。

古橋 治人
manufact jam

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。