FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「おばあちゃんの食器棚」
毎回楽しく拝見しています!

今回のお話では
「ずっと使っていたいものが大切なもの」
という言葉が特に心に残りました。

暮らしの道具を眺めていると
誰がどういう想いをもって
どんなストーリーがあって
この道具は生まれてきたのだろう・・・
というような事になんとなく興味がむかっていきがちですが

それがあまりにも美術品みたいだったり
びっくりするような高額だったりすると
もし家に持ち帰れることになっても
ただ棚に飾ってしまうだけになる事もありますよね・・・。

「絶対に汚したくない、傷つけたくない」と思いすぎて
厳重に梱包して箱の中に眠らせたり。

道具に最初の命を吹き込むのは
作り手かもしれないけれど
その命をより輝かせていくのは
ともに暮らしていく使い手
つまり私達一人ひとりなんだよなぁという事を
あらためて思い起こしました。

miki
日暮らし亭
スポンサーサイト

「やがてうれしい中国茶vol.3 初夏の烏龍茶会」。
画像を拝見し、しばしお茶会のことを思い出しました。
お庭の緑が目に鮮やかで、
亭主の服装も清々しい雰囲気のお席でしたね。
私はここ一年ほど、不定期に京都のお茶屋さんの教室に参加しています。
お菓子目当てです(笑)

恵子さんのお茶会に誘って頂いたことで、
ゆっくりお茶を飲むということが、
実はとても贅沢な時間の過ごし方だということに
改めて気づかせて頂きました。

sakuragi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。